ブンブンどりむの効果 3ヶ月が経過しました

ブンブンどりむを始めて3ヶ月になります。

理沙と涼介はとっても気に入っていて、ブンブンどりむを自主的にやっています。ただ、7月になって一気にテキストが難しくなった気がします。

子どもたちがやる気のワケ

添削問題が戻ってくる

毎月2つの添削問題を提出します。

赤ペン先生が沢山コメントを書いてくれます。

シールを集めてらプレゼントがもらえる

添削を1つ提出すると10ポイントもらえます。このシールを一生懸命集めています。

商品カタログがこれです。

こんな事をいうのはなんですが・・・あまりいい商品がありませんね。

涼介も理沙も欲しいものがあるとシールを頑張って集めています。

月1届く冊子が楽しい

冊子が届いて、クロスワードパズルが毎月2つあるのですが、

これを解くのが楽しみのようです。少し難しいので「ママ、○○ってなにっていうの」とよく質問されます。

この冊子にダジャレコーナーがありここも楽しみのようです。

ダジャレを投稿して掲載されると10ポイントのシールがもらえます。

涼介も毎月挑戦中です。いつか掲載されますように。

添削問題は思考力も養われる

毎月1冊本がついてきます。これを読んで添削をするという流れです。

しかも、ただ感想を書くというものではなく、想像させる問題が多いです。

「今月の本を読んで、あなたならお話の続きをどうしますか」というものです。

これは涼介の添削用紙ですが、1年生向けだとしてもなかなか難しいなと思います。

ネットの評判がいいだけあって、一見簡単そうですが、とても内容が詰まっている

通信教育だと思います。ブンブンどりむの効果かどうかはわかりませんが、
2人とも文章を書くことに抵抗がなくなったようで、特に理沙は学校での
子どもたちが楽しんでいる間は続けていこうと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする