評判がいいスマイルゼミの要注意事項

教育に無頓着な旦那が珍しく

スマイルゼミなら自分で勉強をするからいいんじゃない?」と

スマイルゼミを勧めてきました。

というのも、私が毎日小1理沙の横で、漢字の書き順を教えているのを

見て、もっと効率がいい方法はないものかと思ったそうです。

なぜ私が毎日漢字の書き順を教えているかというと、公文の国語の

テキストで唐突に小3の漢字がでてくるからです。

(あとでテキストの画像を入れておきます)

「タブレット教育は絶対に駄目」とこの手の教材を毛嫌いをしていたのですが、

使いようによっては、いいのかなと思い資料請求をしてみました。

やるかどうか 我が家のポイント

我が家が申し込むかどうかのポイントは、どんどん教材を進める事はできるのか?です。さっそく調べてみると、答えはNO。毎月教材をDLして使います。1ヶ月にできる量が決まっていて、

沢山やれるというわけではありません。極端な事をいえば、1ヶ月の教材を

1日~2日で終わらせることもあるってことですね。

「それじゃ漢字をどんどん学べないじゃない~」と思っていたら、

そこはよく考えてるスマイルゼミさん。漢字と計算のみ どんどん先に

進めるそうです。やった!これこそ望んでいたものです。

キャンペーンによっては、漢検の受講料をスマイルゼミが負担してくれるそうで、

今まで全く漢検対策をしていませんでした、これを機に漢検にも挑戦してみようと思います。

支払いは月払い、年払いどっちがお得?

多くのサービスが年払いにするほうが少しお得です。

スマイルゼミもそうでした。ただ、1年も続けるかな?とちょっと不安になり

やはり月払いがいいかなと思い、当初は、月払いにするつもりでした。

但、途中退会をすると、タブレット代金も払わないといけないらしいのです。

本来は44800円するタブレットを1年契約するということで、9800円にしているそうです。これは携帯電話のシステムと同じですね。

なので、途中解約=タブレット代金を支払う ことになるらしく

それなら、もう1年続けるつもりでやろう、年払いだと決めたわけです。

これはかなり要注意事項ではないでしょうか?この記事のタイトルの答えは

ここです。

簡単な問題ばかりじゃない?

タブレットの勉強で気になるのが、教科書にそったいわゆる基礎的な簡単な問題しかないのではないかということ。また量が少ないのではないかということです。やはりこの点についてもユーザーからの要望が多かったのでしょう、2015年から発展クラスが選択できるようになりました。

受講料の差は500円から1100円(学年・支払方法で変わります)程度です。

発展クラスは、応用問題もあり、勉強量も1.5倍になるようです。

また小学5・6年生には中学入試の過去問題も含めて配信されるそうです。

これはいいですね。

カスタマーセンターに電話して質問

パンフレットは沢山来ますが、読んでもわからないことがあったので

カスタマーセンターに電話をしてみました。

気になる事1 タブレットは返却するの?

タブレットは、戻す必要はなく、そのまま自分のものになるようです。スマイルゼミをやっている
間はロックがかかっていて、他のアプリをDLできませんが、スマイルゼミを辞めると
初期化し、普通のアンドロイドとして使えるそうです。

高学年になったら1人1台検索用にあってもいいので、もらえるならそれでもいいかなと思いました。

気になる事2 学年があわないと思ったら途中で変更可能?


変更はできないとの事です。学年を変更したいのであれば一度解約をして
再入会しないといけないそうです。

早速入会!飛び級もOK

我が家は実際の学年より上の学年で。

年中の涼介は小2を、小1の理沙は小3を申込ました。

学年が違うと「学年が一致していません」とアラートがでてきます。

ここは「OK」を押せば次に進めます。

学校も選択できて、教科書も選択できます。

教科書によって、教材を変えているのですね。

金額は月5,000円くらいで、算数と国語と英語がついてくるそうで

なんだかとってもオトクな気がしています。

届くのが待ち遠しいです。

3/28追記→届いた結果はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする