小1娘 アインシュタイン式「論理脳ドリル」

今年の5月にアインシュタイン式子供の論理脳ドリルを購入しました。

キャッチコピーは「とことん考える子になる!」です。

いくつかの文章を読んで、場所を考える問題です。

理沙(小1)がハマっています。理沙とって「 ○○の右隣り」という表現が難しいようです。

何度か間違ってしまい、一緒に読みながら何度も繰り返して解いています。

5月に購入後、1冊を終えることなく、途中まで解いてそのまま本棚に眠っていたのですが、

急に「ママ、色んな文章を読んで当てていくクイズやりたい」と言い出し

本棚から論理パズルを取り出し、といていました。なぜ急に思い出したかわかりませんが、

自ら「やりたい」と思う事はとてもいいことですね。

久々に問題をみてみると、少し複雑な問題もありました。

5月に解いて、12月に思い出したということは半年ぶりですね。

こうやって急に思い出す事もあるんですね。

まだ「○○の右」という表現が理解できず間違ってしまうこともあるよう。

ゆっくり解いていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする