第五回世界算数大会の結果が届きました

2017年12月5日、第五回世界算数大会を受けてみました。

そして10日日後の2017年12月15日、結果が届きました。この算数大会は全てネット上で

完結するもので、結果もメールでお知らせがきて、ログインしてマイページから

見るという形式のテストです。

理沙(小1)の結果

理沙は、先日の記事でも書いたように、問題を解いている途中に

娘の指が間違ってボタンにあたってしまい1問スキップしてしまいました。

結果1,000点満点中892点でした。

順位は、1042人中330位。

涼介(年中)の結果

涼介は、タッチミスもなく全問正解していました。1000点満点です。

しかし、赤字で悲しい文字が。「システムによって自動的に不正受検と判定されたため、ランキングからは除外させていただきました。」

なんで~!!!!! ショック!

きっと、理沙が受けたすぐ後に同じパソコンで受けたので不正と判断されたようです。

不正と判定されたので「こんなテスト二度と受けない!」と握った拳を振り上げたのですが、

順位ページの下に、あなたにオススメの問題や過去問が沢山あり、無料で解けるようなので

また後日やってみたいと思います。とっても面白そうな問題ばかりです。

過去問や関連書籍も

過去に出題された世界算数の問題集があるようです。Amazonにて購入可能です。お値段は781円ですがKindle版のようです。

第一回世界算数 過去問題集

また直接的には関係ありませんがオススメの本として
プログラミング脳をこれから鍛える本

こちらはAmazonではあまり評判がよくないようです。

小学生からのロジカルシンキング

これは、小学生低学年には難しいとコメントがありましたが、じっくりやるには

いいのではないでしょうか。大人にもオススメなのかもしれません。

また、少し早いですが、Amazonで関連書籍として表示された
10歳でもわかる問題解決の授業 は非常に評判がいいので近いうちに読んで見ようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする