四谷大塚全国統一小学生テストの対策は?過去問を解いてみた!

四谷大塚の全国統一小学生テストの名前を耳にしたことがある人は多いでしょう。中学受験を照準にしている勉強塾、四谷大塚が無料で行っているテストです。2018年は6月3日(日)に開催され、うちの子も受験する予定です。ぶっつけ本番で受験するのは、今の本当の実力がわかっていいかもしれません。しかし、子供に手応えを得てもらうためにも、何か対策をしておいたほうがいいかも……?そう思い、全国統一小学生テストの対策を考えてみました。

対策は?

対策講座に参加する

希望をすれば、受験前に対策講座を実施してもらえるそう!時間は算数・国語合わせて120分とのことです。詳細は受験を希望している校舎に、とのことだったので尋ねてみました。

ところが実施日が、残念ながら子供の運動会とかぶっていたので、参加することができませんでした。「いつでも、どこでも対策講座を実施してもらえる」というわけではないようです。

過去問を解く

対策講座に参加できないとなくても、自宅で対策をすることもできます。

四谷大塚は下記のように、ホームページで過去問を公開しています。スクロールした、ページ半分くらいのところの「過去問チャレンジ」から一見ることができます。

ただし、このページで見れるのは一部のみ。全て見ようとすると、アカウント作成が必要となます。最低でも「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」「生年月日」を登録しなければいけないのは、少し面倒かもしれませんね。

しかし、一度登録してしまえば、2012年から2015年までの全9回分の、全ての学年のテストを試すことができます。しかも、制限時間のカウントもしてくれので、便利でいいですね。

成績優秀者は褒賞授与&アイビー・リーグ視察団へ招待!

3年生から6年生の成績上位者は無料の決勝に招待され、その中の上位30人は成績優秀者褒賞をもらえるとのことです。3,5,6年生にはiPad、4年生はなんとアイビー・リーグ視察団に招待してもらえるそう!

アイビー・リーグはアメリカの北部にある8校から構成される、エリート私大伝統校群です。伝統あるエリート大を見学できるということは、勉強やその先にある目標を叶えるためのいい刺激になること間違いなしですね!

うちの子も解いてみたら

最初の簡単な問題はわかりましたが応用問題がまるっきり駄目でした。

(後日間違えたものをアップ予定)

本番はあまり良い結果ではないでしょう。

特別点数が良くなくても、全国中の小学生と比較し、今の自分の実力や弱点がわかるというのは、いいことだと思っています。勉強を癖付けるいいきっかけにもなるはず!受験日当日まで、私もサポートを頑張りたいと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする